SEOは単なる商品ではない

By: | Post date: 2月 11, 2020 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: Uncategorized

WEBサイトを作ろうとした時、最も重要なポイントとなるものは、ずばりサイトを訪問するであろう人たちの持つそれぞれの「目的」を設定しておくことではないでしょうか。サイト内のコンテンツを作成していくにあたり、その設定した「目的」に合わせていくことで、その設定と同じような目的や、類似した目的を持った人を誘導できる可能性があるからです。これは、サイト作りだけでなく、通常のビジネスでも同じことが言えるでしょう。客目線の目的を捉えられることは、営業において必要不可欠な才能と言っても過言ではないでしょう。この要求に答えていくことこそビジネスであると言い換えてもいいくらいなのではないでしょうか。このことから、インターネット普及前の時代から、その点では変化がないとも言えるでしょう。媒体は違えど、情報を知りたいという欲求を達成するために、昔は新聞屋雑誌やがあり、現代では、広く普及したインターネットという環境が整っていると言えるでしょう。このような変化から、今や紙媒体のものは流行らない時代と言われているようですが、実際にインターネット検索を利用したことがある方は、その便利さは紙媒体とは比較にならないと感じているのではないでしょうか。検索エンジンはストレスなく「知りたい情報」へ導いてくれますし、現代では閲覧者の持つ目的などを読み取った上で検索結果を導いてくれたりと、とても便利になっているのではないでしょうか。このような時代でSEOの担う役目と言えるのは、サイトを構築していく際、どう言ったコンテンツを充実させ、検索結果にどう影響を与えていくかという点なのではないでしょうか。反対に、上位表示のためにどうサイトを充実させていくかということを考えることもまた、SEOとしての役目であると言えるのかもしれません。各キーワードごとに想定される目的を発見していくことはとても重要なことと言えるでしょう。SEO会社に依頼する理由が集客だけというものだけで、単にお金を払って「上位表位」を買うだけがSEOというものであると勘違いしている人も中にはいるようですが、検索結果は閲覧者側の満足度によって変化するものということを理解しておかなければ、いつまで経っても検索結果と期待は結びつかないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • SEOニュース

  • サイト管理人:孫 ゆうき

    こんにちは。サイト管理人の孫 ゆうきです。 SEO対策とリンクについて情報をまとめるサイトを運営しています。 連絡先:admin@pakiez.com
  • サイト管理人

    • サイト管理人
  • 免責事項

    WEBサイトの掲載情報に基づいてユーザーが下した判断および行動によりいかなる結果が発生した場合においても、それによりお客様が直接的または間接的に損害を被られたとしても、サイト運営元はその責を負いません。 当サイト上の全ての掲載情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、当サイトに掲載後、事前に予告することなく名称や内容等の改廃を行う場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
  • 格安SEO

    • 格安SEO